スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

許すって難しい

教団の崩壊と今残っている信者さん達の洗脳解除。

もちろん、願っています。

でもすみません。一つだけ嘘をついていました。


私を伝道した信者だけは、今でも許せません。

この人は、私を伝道して、表向きはとても親切に

してくれていましたが、陰では私の悪口を色々な人に

いいまくって、私の評判を悪くするような嘘を言い触らして

いたことを、共通の知人から聞き、それ以来連絡を

取っていません。


しかもこの人は、私が退会した時も、

その話しを他の信者から聞いた後、直接話を

しようともせず、婦人部を使って連絡を取ろうとして

きました。


詳しくは話せませんが、その婦人部に頼む際も、

さも私のことをとても心配している風に振舞って

いたそうです。


そんなに心配なら、直接連絡してくれば良いのに(笑)

外面ばかり良くて、二枚舌。あることないこと、私を

陥れるような嘘の噂を広め、私の信用や評判を

ことごとく下げてくれました。


だから、どうしてもね。この人だけは、

許せないんですよ。


だから、他のアンチの方々は本当にすごいな、と

思います。


出来れば、一人でも多くの信者さん達に

この教団の事実、教組の真実の姿を知ってもらい、

この教団から逃げ出して欲しいとは思っています。


私を伝道した人とその家族以外は。

この人達を許すことが、私の今年の一番の

課題なのかもしれません。


う~ん・・・まだまだ時間がかかるな~(笑)

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

1. なるほど~

それは許すの難しいよね。
いろんな人がいますからね。
その人は大川隆法の呪縛から抜け出せないあわれな人ですし、
もう二度と会わないと思って忘れてしまうのも手ですよ。
なんてそんな簡単ではないかもですが(笑)
まずは、その人以外を救いませう(笑)

2. Re:なるほど~

>どんきー王子さん

どんきー王子さんは優しいね。
ありがとう!うん、そうだね。
もう二度と会うことはないのだから、
忘れてしまった方が良いよね(笑)

まずはこの人以外を助ける事に
集中します(笑)

どんきー王子さん、相手してくれて
本当にありがとう!おかげで、
だいぶスッキリ出来たよ(^^)

3. はじめまして。

元信者だったものです。
昨年脱会しました。

この記事に共感しました。

わたしもわたしを伝道した信者に裏切られました。
この会のこともよくわからないうちに、即、三帰誓願者にもされました。
なのに入信して1ヶ月もたたないうちに連絡がとれなくなり、意味わからないまま一方的に切られました。
本当にひどい被害を受けて、逃げるように脱会して、深く傷つきました。

わたしは、この宗教というよりは、このような信者をすごく憎んでいます。
なかには本当に良い信者さんもあるのは事実ですが、
よりによって一番信じたかった人にこういう仕打ちを受けたことが、今でも許せません。

4. 赦すって難しいよね

明けましておめでとうございます
今年もよろしくお願いします

学生時代に国語の先生が「ゆるすには(許・赦・恕)の三つあります。ほんとうのゆるすは恕なのです」と言っていました。
今でもなんとなくしかわかりませんが・・

人生も後半になってようやく気付いた驚きは「ほんとうに人をゆるせると、自動的に自分をゆるしている事になるんだ!!」ということでした。
この心理は結局、自分には戦う相手など居ないと深層心理が認めるからなんじゃないかなぁ?
と思う今日この頃です (笑)
ゆるすことは自分のカルマを解消することなんじゃないかなぁ・・
許すことって一生をかけなければならないほど難しいものなんだろうなぁ・・と思いますよ。
ゆるせない自分もゆるさなくちゃいけませんしね (笑)
みーんなで気長にやりましょうね (笑)

5. 許せない自分を否定しなくていい

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願い致します。

私にも、許しがたい職員や信者がいます…。
自分たちの目的のためなら人をいくら貶めても平気な人たち。

自分はそんな人間には成り下がらない。

それで復讐(言葉は悪いですが)できるかな、しかも良い形で、と、こらえています…。

hiraokaさんの「ゆるせない自分もゆるさなくちゃいけませんしね (笑)」というお言葉には救われますね。
どうしても許せない自分がいるのを否定せず認めることで次に進めるように思います…。


6. はじめまして

ホント許すって難しいですね、わたしも20年近く会に関わって来たので、そりゃいっぱいありますわ、いろんなことが。まぁ最近では「宗教オタク」を相手にしないようにしています。

7. 私の場合は

私の場合、伝道のキッカケになったのが、言うまでもなく、未だに信者でいる身内なのです。

この話、させて頂くと、とても長くなるので、割愛させて頂きますが、
伝道したのが身内だけに、「許せない」という気持ちよりも、「早く脱出させたい」という思いの方が強いです。

ただ、その方法が見当たらなくて・・・。

でも、みろたんさんのお気持ちは、よく分かりますよ。

私にも許せない人が居ますから。

その人とは、私がその身内と一緒に最初に訪れた、KKのとある支部の支部長をしていた人です。

伝道のキッカケになったのは、身内ですが、
最終的に強引に三帰を迫ったのはその支部長ですから。

今頃どこで何をしているか知りませんが、
今思い返せば、嘘ばかり並べて、私を騙して三帰させて・・・。

あの時、三帰しないで、話だけ聞いて終わるという手段もあったんです。
それが、いつの間にか三帰という方向に話が行ってしまったんですよね~。

断る勇気が持てなかった私も悪かったですけど。

でも、あの強引なやり方は、今でも許せないんです!!

KKに居た経験がある方なら、多少なりとも
「許せない人」が居ると思います。

だから、みろたんさん、ご自身を責めないで下さい。

お互い、いつか、「許せない人」を許せる日が来るといいな、と心に留めておけば、
それでいいと思います!!自戒も込めて。


8. Re:はじめまして。

>匿名希望さん

匿名希望さん、コメントありがとうございます!
昨年脱会されたのですね!おめでとうございます♪

匿名希望さん、随分と酷い目にあってしまったのですね・・・
良識ある人なら、伝道対象者にきちんとこの教団の事を
知ってもらい、納得してもらった上で、ご本人の希望で
三帰誓願をし、その方に責任を持って最後まで面倒を
見るものなのに・・・その信者、本当に最低ですね。

人にこんな変な物を押し付けといて、一方的に切るという
その神経が本当に理解できません。匿名希望さんと同じような
目に私もあっているので、気持ち、本当によくわかります。
そうなんですよね。一番信じたかった人、信頼していた人に
こういうことをされたら、誰だって許せないという気持ちになりますよ。

良い人ももちろんいるのでしょうが、酷い人は本当に
酷いですからね・・・><

9. Re:赦すって難しいよね

>hiraokaさん

hiraokaさん、コメントありがとうございます。
今年もどうぞ、よろしくお願いします!

なるほど・・・!本当に人をゆるせると、それは同時に自分を
ゆるしていることになるのですね・・・深いです。

そうですよね。私もこの「ゆるす」ということは、一生かかって
出来るか出来ないか、ぐらいの物凄く難しい問題だと感じています。

そっかー、人を許してないってことは、自分を許してないということに
つながるのですね。人の心は鏡といいますが、結局こういう事
なんでしょうね。

また今日も勉強になりました♪
はい!みんなで気長にやっていきたいと思います(笑)
hiraokaさん、いつもありがとうございます♪

10. Re:許せない自分を否定しなくていい

>さざなみさん

さざなみさん、明けましておめでとうございます♪
今年もよろしくお願い致します。

本当ですね。hiraokaさんの「ゆるせない自分もゆるさなくちゃいけませんしね (笑)」
という言葉には、私もハッ!となりました。
許せない、という気持ちを持っている自分を否定せず、まずは認めることで
次に進める・・・本当に、さざなみさんのおっしゃる通りだと思います。

認めないと、次にすら進めませんものね。
さざなみさん、元気の出るコメントを、本当にありがとうございます♪

11. Re:はじめまして

>mesisukiさん

はじめまして!コメントありがとうございます♪
mesisukiさんは、20年近く会に関わってきて
いたのですね。私も同じぐらいの会員歴です(笑)
確かにそれだけ長くいると、やはり色んな事がたくさんありますよね。
本当に許すって、難しいと思う今日この頃です(苦笑)

確かに、「宗教オタク」は相手にしないほうが
得策かもしれませんね。それに時間を奪われてしまうのも、
もったいないですしね(笑)

12. Re:私の場合は

>あんだんてさん

あんだんてさん、コメントありがとうございます。
気持ち分かって頂けて、嬉しいです♪

あんだんてさんにも、許せない人がいるのですね。
やはりKKみたいな犯罪教団にいたら、誰でも
そういう人の一人や二人、いるものですよね・・・やはり。
フォローの言葉、本当にありがとうございます♪

それからその支部の支部長、本当に酷い人ですね。
そうなんですよね。この教団の職員や信者って、
「強引」な人が多いんですよ。

「例え強引でも、それで最終的に相手が幸せになるのなら構わない!」
という思考回路に陥っている気がします。KKの人達は。

でも、やはり「強引」なやり方、相手が納得もしていないのに
勝手に入会や三帰を迫るやり方はよくないですよね。
たとえその「商品」が良いものであったとしても!
ましてやKKの「商品」はマルチと同等のインチキですから、なおさらです。

そうですね。あんだんてさんのおっしゃるように、いつか「許せない人」を
許せる日が来ると思いながら、生きていこうと思います(笑)
お互い、頑張りましょう♪

13. 人を許すより、自分を許す事の方が難しい

みろさん 初めまして バロと申します

みろさんのお気持ち よく分かります
私も20年近く前になりますが 退会する時に
数人の信者さんと居酒屋で話し合いを持ちました その席でリーダー格の青年と 大川が神か
人間かで論争となりました その時すでに
私は50才 おとなげない話です 大川が神だと
強く主張し 20才も年上の私をお前よばわりするその男から ビールジョッキでなぐり
かかられました 幸い止めてくれる人がいて
ビールを少し浴びただけで済みましたがその
屈辱感と怒りの気持ちは退会後も3、4年は
続きましたね しかし今は違いますよ
あれから年月もたち私も高齢者の仲間入りを
しています あれから会ったことはありませんが
会えば笑顔で挨拶出来るとおもいます
その人の事を考えて心をみだされることも
ありません あの青年も今は中年まっさかり
退会して穏やかに生活されている事を
願っています
私がいまだに許せないのは 40年前の
なまいきざかりで女性に対して冷酷であった
自分自身です 反省して心の中では本心から
謝罪していますがフト思いだしては
落ち込んでいます 死ぬまで続きそうですね
謝罪を形であらわす事はもう出来ないんです
から ビールを掛けられた青年に対する
思いなど もう空気のようなもんです
みろさんも今は苦しい時もあるでしょう
しかしそれも いつしかやすらぎとなり
自分自身の心の糧になる時がくると思います

14. 許す

許すのが難しいのは、心が傷ついているのと、現実生活の害悪を及ぼされるからです。
「あの人さえいなければ、こんなことにはなっていなかった。許せない。」というような思いですね。

この世は、苦の世界、矛盾した世界ということは、間違いありません。
苦は、何故に苦しいのかという苦の意味を知らなければならないでしょう。
その為には、常に霊的視点に立っていないとわからないのです。

人は、された酷いことを心の中にずっと記憶しています。反復して刻んでいるのです。
しかし、完全に霊的視点に立ったなら(霊道という意味ではない)、自己に必要な一場面ということに気がつくのです。

許しを問われるのも神の試しです。
その心境が本物か否か、カルマの修正、傾向性の修正など様々なことの為に、守護霊は選んで環境に本人を置かれます。

自分が許せない人は、あの世で身を焼くような自責の後悔の想いを今行なっているのです。
自己の中には神の心が存在し、許しは、自分の中の神の心に許しを請うのです。
そして、裁いた他人に対して、その方の神の心を一新に想い、許しを請うのです。

自己の神の心は根本神や他の人々に繋がっているのです。
全ては、心の向上が主眼で、そのためだけに、この地球という修行の場が用意されている。
私は、そう思います。
地獄のような環境での日々や他人に裏切られ迫害され悲惨な人生に陥ったとしても、
それは、あえて用意された一場面にしかすぎず、神に抜擢された魂だからこそ、一見、理不尽な残酷ともいえる試しがやってくるのです。

強烈に許し難いことが過去に在るならば、神を誇りに想い、自分を誇りに想い、そのような環境をお与え下さった守護霊に感謝して、許して下さい。

15. Re:許す

>XYZさん

>許すのが難しいのは、心が傷ついているのと、現実生活の害悪を及ぼされるからです。
>「あの人さえいなければ、こんなことにはなっていなかった。許せない。」というような思いですね。

全然違います。何がどう違うかは、他の方々のコメントを読んで頂ければわかると思います。


>この世は、苦の世界、矛盾した世界ということは、間違いありません。
>苦は、何故に苦しいのかという苦の意味を知らなければならないでしょう。
>その為には、常に霊的視点に立っていないとわからないのです。

そんなことありませんね。霊的視点にわざわざ立たなくてもわかります。
大事なのはこの世的知識と、世間に揉まれながら身に付けた経験です。

>人は、された酷いことを心の中にずっと記憶しています。反復して刻んでいるのです。
>しかし、完全に霊的視点に立ったなら(霊道という意味ではない)、自己に必要な一場面ということに気がつくのです。

これも霊的視点とか全く関係ないですね。
単に性格的な問題と家庭環境やその後の本人がおかれた環境によるものだと思います。

16. Re:Re:許す

>みろさん

>許しを問われるのも神の試しです。
>その心境が本物か否か、カルマの修正、傾向性の修正など様々なことの為に、守護霊は選んで環境に本人を置かれます。

>自分が許せない人は、あの世で身を焼くような自責の後悔の想いを今行なっているのです。
>自己の中には神の心が存在し、許しは、自分の中の神の心に許しを請うのです。
>そして、裁いた他人に対して、その方の神の心を一新に想い、許しを請うのです。

そうですか、きっとあなた様は最も信頼していた身近な人に、最もひどい仕打ちや
とうてい許しがたいことをされなかった、とても幸せな方なのですね。
だから、私の気持ちなど全く理解できないのでしょうね。あまりにも的外れで驚きました。

>自己の神の心は根本神や他の人々に繋がっているのです。
>全ては、心の向上が主眼で、そのためだけに、この地球という修行の場が用意されている。
>私は、そう思います。
>地獄のような環境での日々や他人に裏切られ迫害され悲惨な人生に陥ったとしても、
>それは、あえて用意された一場面にしかすぎず、神に抜擢された魂だからこそ、一見、理不尽な残酷ともいえる試しがやってくるのです。
>強烈に許し難いことが過去に在るならば、神を誇りに想い、自分を誇りに想い、そのような環境をお与え下さった守護霊に感謝して、許して下さい。

私は信者時代、仏法真理を散々学び、実践してきました。あなたのコメントも、
言われなくても理論としては十分把握しています。そういうことを書いてるんじゃ
ないんですよ。何が違うのかは、他の方のコメントを読んでみて下さい。
誰も、あなたみたいに上から目線のコメントを書いてませんよ。違いに気付いてください。

17. Re:人を許すより、自分を許す事の方が難しい

>バロさん

バロさん初めまして!コメントありがとうございます。

私の気持ちを分かってくださって、共感して下さり
本当にありがとうございます。
バロさんは、とても優しい方ですね。

バロさんも、色々あったのですね・・・。
でも、今はもう相手の事を許し、笑顔で挨拶する
ことが出来るところまで、ご自分の心境を変化
させることが出来たのですね。本当に素晴らしい。

私もそうなれるよう、頑張ります!(笑)
貴重な経験談を書いて下さり、本当に感謝、感謝です♪


バロさんの体験談を読ませていただき、私も
以前、信者時代に傷つけてしまった人達を思い出しました。
やっぱり、相手を傷つけてしまった事に対しては
いまだに後悔の気持ちでいっぱいです。

これは相手への、自分自身の贖罪として、一生十字架
として背負っていくつもりです(ちょっと大げさですが)

と、同時に、今は許せない相手に対しても、長い人生の
間に、いつか許せる日が来るまで、頑張っていこうと
思っています。バロさん、本当にありがとうございます。

18. 仕方ないさ。

人間の感情なんて、そんな単純に出来てませんからね。
「これこれこういう理由で許せない」という感情も、人間である証拠ですし。
そりゃそうだよと共感するのもまた、普通の反応。
あまり深く考えず、「アイツにこんな仕打ちを受けたんだよ! 許せない!」→「そりゃ許せないわ。分かる!」 で、いいですよ、きっと。
私なんか、許すも許さないも、「嫌い」という嫌悪感が先走ってますから(笑)
それに比べれば、まだみろさんのほうが理性的です。

ただ、みろさんがその方を許せない理由も、私が嫌う相手に対し、私が嫌いな理由も、お互い「分かる分かる!」だと思いますね。

何の枠にも捕らわれない者同士が共感できるんですから、お互いそれほど間違った考えとは、私は思いません、はい♪

19. Re:仕方ないさ。

>夕日さん

こういう会話がしたかった(笑)夕日さん、
ありがとうございます♪

そうですよね。長い人生、許せない相手だって
お互いにそりゃあいるだろうし、
「共感」しあってコミュニケーションとって、
それで良いんだと思います。
いつか時が経てば、思い出としてふりかえる
事も出来るでしょうし。
フリーエリア
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学 批判・告発へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村

【植福の自動引き落し停止方法】
(1)か(2)、どちらでも可
(1)メール(見本)
[宛先] service@kofuku-no-kagaku.or.jp
[文面] 『植福の会』を退会します。 今後は引き落しをしないで下さい どうぞ宜しくお願いします。 氏名 ○○○○ 住所 ○○○○○ 会員番号 ○○○○○

(2)銀行窓口
・通帳ごと解約する
※残高をゼロにしただけでは 何らかの入金があった時に 引かれてしまうので注意!

【幸福の科学 脱会方法】
http://trident02.voila.net/
kofuku_no_kagaku_resign.htm
リンク
最新コメント
カテゴリ
最新記事
プロフィール

みろ

Author:みろ
「幸福の科学」の元信者です。教祖の大川には霊能力などなく、仏陀でも救世主でもないただの「統合失調症の患者」だと
いう事実を、根拠をまじえて伝えていきます。

月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。