スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【アルゴラブ氏の告発 No.225~232】「大川の霊能・霊言を再検証」

『幸福の科学』撲滅対策本部★したらば営業所 資料集 Part2

http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/study/10817/1338109494/

より


225 アルゴラブ ◆gNfxxWHnBY
:2013/08/13(火) 21:02:25


週刊新潮に掲載された元教団補佐の大川きょう子の

記事をめぐって、一部を除き記事の大半について真

性と真実相当性が認められました。

夫たる大川隆法の浮気を原因として離婚したとい

きょう子の言葉通り、大川隆法の俗物性について

は、今更さほど驚くことのほどのことではありません

が、一方で、そのきょう子自身もまた、自らの過

去へ括もしないうちに新たなカルト宗教活

動を開始ています。

被害者そっちのけの、嘗ての教祖夫婦の果たし合

いは、脱会者やその関係者から見れば決して胸の

すく話ではなく、どのみち苦々しい目糞鼻糞の泥仕

合に過ぎませんが、二人が潰し合うことはこの教団

のカルト性を世間へ周知拡散することに寄与し、教

団の弱体化に繋がることとなって無駄にはなりませ

ん。

ただし、真面目に真理を求めるもの、静かに信仰に

生きるものにとっては、このようなレベルの低い事柄

で宗教的真理に関わる人までもが、色眼鏡で見られ

る余地を残すものとして、迷惑千万と感じている方も

いるかと思います。


霊的なものに関わり、安易に求め

たり扱ったりしようとする軽率さ


が大きな弊害を生んでいきます。

きょう子自身もそのようですが、彼女の場合は大川と

同じ資質の人間ですから処置なしとして、現在の大

川、教団のいかがわしい有様を見るにつけ、もはや

邪宗であることを否定できないとしても、興奮しやす

く慎重さを欠いた姿勢によって、


脱会してもなお初期には正しい

指導を受けていたとか、霊能や

霊言などに振り回されて目覚めを

妨げられている人いるのは残念

なことです。

それでも受け止め方は、最後は各人各様に任せる

しかありませんが、その拠り所となっているところの

大川の霊能、霊言なるものが、果たしてそれほ

価値のあるものなのか、これまでも様々に暴か

れてきていますが、今回もそのための考える糧とし

未公開資料を明かしつつ再検証をしていきます。

リアルタイムで次から次へと、狂団は色々とやらか

してくれますが、そうした様子を横目で眺めながら、

根源に遡ってじっくりお考え頂きたいと思います。

226 アルゴラブ ◆gNfxxWHnBY
:2013/08/13(火) 21:03:40

>>225

まず、資料集1の>986から数スレッドを使わせて

頂いて、1991年4月当時の「月刊Asahi」に掲載

された佐野眞一氏による教団批判の記事の抜

粋を投稿しました。


その中に、教団発足以前の中川忠義と隆に

親子イタコについて触れた記述があります。
まずその部分のみを抽出して、以下に再掲します。
(注:再掲部分は青字)

佐野眞一氏 『「幸福の科学」主宰 大川隆法

挫折だらけの生いたち』より

宗教家・大川の最大の特徴が、霊界の住人をたち

どころに呼びだせる「霊示」能力にあることはすで

に述べた。だが、その能力については、当初よ

大きな疑念がもたれていた。

昭和60年春、広島県福山市に住む心霊研究家の

近藤千雄のところに一通の手紙が舞いこんだ。
差出人は善川三朗で、私の息子にはたいへんな

霊能力がある、ついてはその問答を録音したテー

プを送るので聞いてほしいとの内容だった。

送られてきた2本の120分テープを聞いて、近藤は

まるで話にならないと思った。
だがそのことには直接ふれず、善川には、「息子

さんはまだお若い。もう少し修行なさってからでも

遅くないでしょう」という旨だけを記した手紙を出した。

それから数カ月後、そのテープをもとにした「日蓮聖

人の霊言」が出版されたことを知った近藤は驚くと同

時に、善川の突然の手紙の真意が初めてわかっ

ような気がした。
心霊関係の出版社に顔のきく近藤に口をきいて

もらいたかったのではないかと感じたのである。

(「月刊Asahi」 1991年4月号)


227 アルゴラブ ◆gNfxxWHnBY
:2013/08/13(火) 21:04:58

>>226

このことについては、 1991年10月に出版された

有田芳生氏による『「幸福の科学」を科学する』

(天山出版)の中で、もう少し詳しく掘り下げられ

ています。


現在は絶版になっていて古本でしか入手できな

いので、上記のエピソードを含めた章の半分程

度になりますが、こちらも抜粋します。
(注:抜粋部分、青字)

有田芳生氏 『「幸福の科学」を科学する』 

(第4章「幸福の科学」が抱える頭痛の種)より

「大川隆法の教えへの疑問」

これまで見てきたように、大川が高級霊を「この

世」に呼ぶことができることは、「幸福の科学」に

入ってくる人たちには大きな魅力の一つとなって

いる。


書店で『霊示集』を手にすることで大川を知り、

「幸福の科学」に入会したと語る会員は多い。

ところが大川に霊が降りることや、その霊が

語ったという内容に疑問を持つ者もいる。
大川はGLA教祖だった高橋信次に関する本を

十五冊も発表している。


GLA信者にすれば、自分たちの教祖が他の教

団の大川に霊示して、それが本になって多数

出回るというのだから穏やかではない。

GLA関係者は、語気を荒げてこんな思いを吐露

した。


「大川さんは『高橋信次の愛の讃歌』というハウ

ツー書を出しています。そこでは『私の研究の結

果、夫婦の浮気には三種類ある』といったくだり

があります。そんなことを高橋先生が研究してい

るわけじゃないですか」


八七年、GLA総合本部は、「幸福の科学」

に、高橋の霊言が本物なら目の前で証明

してほしいという内容証明を何度か送って

いる。

「幸福の科学」は無視の態度を取ったが、

最後に今後内容証明が送られても焼却

するとの返事をメモで送った。

このときの状況をGLA関係者はこう語った。
「はじめ西荻窪にある事務所に出向いたんです。

大川がいるようだったけど、受付の女性が対応

するだけで幹部すら出てこなかった。


そこで内容証明を三回出したが、二度はいっさい

返事がなく、手紙をそのまま送り返してきた。
三度目はチラシのような汚い紙の端切れに『これ

以上送ってもムダ』と一文あるのみでした。

誠意がいっさいなかったですよ」

「本当に高橋の霊を呼べるのなら、なぜわれ

われの要求どおり、われわれの前で呼び出

して見せないのか。別に大川を処罰するといっ

ているんではないのですから。


大川が高橋の霊を呼び出して会員と問答している

テープを聞いたことがありますが、お話にならない。

あれじゃ、学芸会です


228 アルゴラブ ◆gNfxxWHnBY
:2013/08/13(火) 21:06:04

>>227

また「霊の存在を認めていない」親鸞が霊示を

するはずがないと主張する仏教者もいる。

石川県珠洲市にある乗光寺(浄土真宗)の落合

誓子は、大川の出した『親鸞聖人霊示集』にこん

な疑問を呈している。


「親鸞は、霊魂の存在を直接的にではないにせよ

否定しているというのが真宗教団では常識になっ

ています。ですから親鸞が大川さんの口を通じて

何かを話すことはありえないですよ」

「蓮如については議論するのもバカバカしいほど

ひどいものです。まったく蓮如のことを知らない人

が書いたものだとしか思えない。蓮如の宗教改革

者の側面にのみ注目していますが、それでは大川

さんの貧しい宗教観を提示しているにすぎないでしょう」


「たとえば大川さんに降りたという蓮如の霊が

『死後の世界について明確に話をしなければ

ならない』と言っています。

仏陀や親鸞、蓮如にせよ、人間が死んで迷い

のもとを作る肉体が消滅すれば、迷うものが

なくなるとは言いました。


けれどもそのことをとって『仏になる』という

解釈はもともと仏教にはなじまないものです。

とくに死後の世界については『不説』と言って、

説明を避けているんです」

「とにかく現代の仏教は死後のことよりも、いか

いまをしたたかに生き延びてゆくか、いいか

えれば『いつ死んでもいいという生き方ができ

るか』というのがテーマになっています

229 アルゴラブ ◆gNfxxWHnBY
:2013/08/13(火) 21:07:22

>>228

「高級霊は呼び出せない?」

こうした霊示の内容への疑問や批判どころか、

そもそも高級霊を呼び出すこと自体を問題にす

る研究者もいる。

ある心霊学者は「こんなことに時間を費やすのは

もったいない」と言いながら匿名を条件にこう語った。
そのやりとりの一部を再現する。
(注:青字ー質問者)

--大川さんが霊と問答したテープを聞いたそうですね。



「120分テープが二本送られてきましたが、全部は聞いてい

ません。一本の最初の数分を聞いただけで送り返しました」


--それだけで疑わしいと思ったのですか。


「そうです。だって、私が二十年以上も研究しているシル

バー・バーチが最初に出てきたんですよ。

ひとこと聞いて問題外だと思いました



--しかし、はっきりとそうは言わなかった・・・・・。


「まだ二十代の人だったので、もう少し勉強しなさいと婉曲に

言ったんです」



--ところが『日蓮聖人の霊言』(のちに『日蓮の霊言』と

改題)や『キリストの霊言』といった本が出されましたね。


「そう、潮文社を紹介してくれと言ってたな」


--ところで先生の本には、高級霊は①この世での名を

 明かさない ②こちらから呼び出す ことはできない、

 と書かれていますが。 


「名を聞かれれば答えることはあります。しかし、それは

必然性があってのこと。大川さんのように、本を出すこ

とが必然に当たるわけがないでしょう。それに

高級霊は、

こちから呼び出すことはできないのです」




--1人の人間にいろんな霊がつぎつぎにコンタクト

  することは?


そんなことがあるわけないでしょう



--結局、大川さんはそう信じているうちに、本当に

 信じこんでしまったということなんでしょうか。

 本人はもちろん嘘をついているつもりはない・・・・。


「その可能性は大きいと思います。これはもう一種の

病的なもの以外の何物でもないですね」



--現在の「幸福の科学」をどう思われますか。


「私はあくまでも心霊学者としての見解を述べたまで

です。いまや『幸福の科学』は大きな組織になってし

まい、これはもう科学的見地でどうこういう段階を過ぎ

てしまっています。
また、すでにそういう問題でもなくなっています。
これ以上、こんなバカげた問題で貴重な研究の時間を

さくほどバカバカしいことはありませんから」

230 アルゴラブ ◆gNfxxWHnBY
:2013/08/13(火) 21:08:28

>>229

こういう根本的な問題を「幸福の科学」はどう受けとめ、

説明するのだろうか。三人の見解を伝えると、広報宣

伝局からいともあっさりとこんな見解が返ってきた。


「高橋先生は、一人でも多くの現代人を救いたいと

願っておられる。だから九次元霊でありながら、この

ように分かりやすい教えを説かれています。

どうか高橋先生のご本意にお気づき下さい」

「親鸞や蓮如については、ご生前はその時代や環境

に合わせて法を説かれています。ご両人ともあの世に

帰られ、霊となっておられるいま、霊の存在を否定した

り、死後の世界を語らないわけにはいかないでしょう」

「心霊学者の方のご意見については、大川主宰には、

あらゆる高級霊の霊示を受けられる使命と目的がある

ということでしょう」


一事が万時。おそらくどんな質問や疑問を聞いても、

こんな回答が戻ってくるだけだろう。

231 アルゴラブ ◆gNfxxWHnBY
:2013/08/13(火) 21:09:41

>>230

「元幹部からの批判も」

ところで「幸福の科学が発足した初期の幹部で、

その後、「幸福の科学」を離れた人物も何人かいる。
そのうちの一人である高橋守(元活動推進局活動

推進委員)に内情を聞いてみた。


高橋はかつて大川にこう評価されていた。


「法が説かれる時、その縁の下の力持ちとして

経済的側面で協力して下さる方のことを大黒天

といいます」


「私はそうした方々のお顔を思い浮かべながら、

毎晩感謝の祈りをささげています」


「三人目の大黒天は、コスモ印刷工業社長の

高橋守氏であろうと思います」


「『幸福の科学出版』を創設しようと言い出して

下さった方です」
(『幸福の科学』八七年六月号)

これほど高い評価を受けていた高橋が、どうして

「幸福の科学」とたもとを分かったのだろうか。


--大川さんとの出会いはどういうきっかけですか。


「『幸福の科学』が旗揚げして二カ月後、ある人を介して

出版物の印刷業者として知り合ったんです。
ところが、それから半年ぐらいたって、『幸福の科学』の

出版物の発売元になっていた潮文社との関係がおかし

くなった。
それで、私の方で出版社を設立して出版できないかと

言ってきたんです」



--なぜ、潮文社との関係がおかしくなったんですか。


「出版物の内容で、たとえば他の教団を実名で批判

していたり、あるいは天皇に関する記述で右翼を刺激

するようなものがあった。
だから潮文社さんとしては、出版社の常識の範囲内で

そういう部分をボカすとかいう要望を出したわけです。
ところが『幸福の科学』は『高級霊の言うことを勝手に

変えるなんて無礼である』と言い出したんです」


--それで出版社を設立したわけですね。その友好

関係はいつまで続いたんですか。



「それから半年です。神理普及に協力するということ

で印税率は十五%と高い条件を提示したんですが、

初刷り部数が五千だったのは最初だけ。
あとは一万部。これが二、三カ月ではけました」



--大川さんが出席した会議の様子は?


「いちおう会議はするんですが、事前に根回しが

あったらしく、何の疑義もないまま承認されており

ました。私の推進委員の肩書は名誉職みたいな

もので、実際の仕事は大川隆法をとりまく人で運

営していました」

232 アルゴラブ ◆gNfxxWHnBY
:2013/08/13(火) 21:11:12

>>231

--関係が悪くなった理由は?



「役員会で幸福の科学出版を設立するという

文書が突然に回されてきてビックリしたんです」



--事前にまったく話はなかったんですか。


「ええ。それで私としても話し合いでなんとか解決

しようとしたんです。最初は『組織運営上の未熟さ

から高橋様にも種々ご迷惑をおかけしているので

はないかと反省される点も多々あります』という詫

び状までもらったんです。


ところがしばらくして、今度は仕事を出さないと言

い出した。そこで百歩譲って、そっちから本を出す

ことはもう構わないから、その代わり、別の小冊子

とか、そういう仕事をくれという条件を出したんです

が、非常にきびしい条件を出されました。


そして突然に仕事を切られてしまいました。それで

前に出た本の印税を払えなくなったところに、一千

万円を要求した訴状を送りつけてきたんです。

それで半年で関係を経ちました」


--ところで大川さんにはゴーストライターがいる

 という説がありますが。


「大川さんがテープに録音するところは誰も見て

いない。私が見たのは、そのテープをもとに起こ

した荒原稿です。

しかし、不思議なことに、この原稿と最終原稿が

ほとんどいっしょなんです。その間で大川さんが

筆を入れているんですが、ほとんど訂正ないに

等しい。


つまり、出版用になぜ高級霊の霊言が構成され

てくるかという疑問がわいてくるのです」



--誰かゴーストライターが最初から出版用に

 原稿を書いて、それを大川さんがテープに

 吹き込んでいるという推論も成り立つのですね。


霊団側は自分で企画する力があるという

説明の仕方もあるでしょう。ただし、


ノストラダムスの誤訳をそのまま利用している

という例があります。

だから、そう解釈するにしても、なぜ霊がそんな間

違いをするのかという疑問がある。百歩譲っても、

それは高級霊ではなく下級霊だから誤るという解

釈も成り立つ」


このほかにも初期の「幸福の科学」幹部で、その

後、大川たちとたもとを分かった人たちがいる。


いずれもっと大きな内情が暴露される可能性を

「幸福の科学」は抱えているといえるだろう。

(1991年10月25日初版)


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

1. うわー

あの有名な?タカシバーチのエピソードですね!初めて「タカシバーチ」という言葉に触れた時には、笑いが止まりませんでした(笑)

確か「アイアムシルバーバーチ!」で始まっていたような。アイアムジーザスクライストゥ!と同じじゃないですか!
あははは~(笑)

すみません、さっき長くコメントしたけど消えちゃいました~(汗

2. いいね!

またブログ村に登録したんですね。
誰からなんと言われようが関係ないよ

「誰かのために」が、君のブログだよ

頑張ってな

3. Re:うわー

>あんじぇろさん


「タカシバーチ」、確かにナイスネーミング
ですよね。私も最初聞いた時、笑っちゃいましたよ(笑)

次回の記事で、ついにタカシの「シルバーバーチ」での
やり取りを転載します♪
皆で、タカシとタカシの父親とのおバカな
イタコ芸を、思い切り笑っちゃいましょう(笑)

え・・・折角長いコメントを書い下さったのに
消えちゃったのですか・・・それは可哀想~><

4. Re:いいね!

>雪宮 圭さん

はい、性懲りもなく、また登録しちゃいました^^;
それにしても、雪宮さん・・・コメントが恰好
良過ぎです(笑)
コメント、本当にありがとうございます♪
奥さんがうらやましいの~(笑)
フリーエリア
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学 批判・告発へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村

【植福の自動引き落し停止方法】
(1)か(2)、どちらでも可
(1)メール(見本)
[宛先] service@kofuku-no-kagaku.or.jp
[文面] 『植福の会』を退会します。 今後は引き落しをしないで下さい どうぞ宜しくお願いします。 氏名 ○○○○ 住所 ○○○○○ 会員番号 ○○○○○

(2)銀行窓口
・通帳ごと解約する
※残高をゼロにしただけでは 何らかの入金があった時に 引かれてしまうので注意!

【幸福の科学 脱会方法】
http://trident02.voila.net/
kofuku_no_kagaku_resign.htm
リンク
最新コメント
カテゴリ
最新記事
プロフィール

みろ

Author:みろ
「幸福の科学」の元信者です。教祖の大川には霊能力などなく、仏陀でも救世主でもないただの「統合失調症の患者」だと
いう事実を、根拠をまじえて伝えていきます。

月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。