スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初期の成立過程について byアルゴラブ氏の告発

幸福の科学のはじまりは、タカシのとうちゃんと

にいちゃんのコックリさんごっこからはじまった!

タカシのインチキイタコ芸の源流に迫ります!!(笑)

----------------------------------------

『幸福の科学』撲滅対策本部★したらば営業所

資料集

http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/study/10817/1273230373/



439 :アルゴラブ:2010/11/15(月) 22:29:50


初期の成立過程について、虚実ないまぜと

思われる記録もあったりまた、文証の緻密

分析もなされたりしておりますが


私の部分で、現段階までに開示してきた

情報に少し追加と推論も加えてとりあえ

ず甚だ雑把ではありますが、少し整理

しておきたいと思います。


まず、古今東西の思想を集約しようとする機軸は


父の中川忠義(善川)と長男の

中川力(富山)によるものである

ことは間違いないでしょう。


善川はさまざまな思想宗教遍歴を持ち、その

影響で富山は京大哲学科に進んでいます。

地元に帰ってからも、


親子してコックリさんレベルの

招霊術などしていた


くらいですから2人して、日々宗教談義を

していたことは容易に想像がつきます。

徳島自宅に保管されていた蔵書も、

とんどこの2人のものです。


一方で次男の中川隆(大川)は、徳島で

善川と富山が、そうした活動をしていた

頃は商社勤務で社員寮では、同室の者

におかまいなく大きな仏壇を置いて朝夕

には法華経のお題目をあげ、また昼食

中に同僚の狐を払おうとしたり


たいして実務能力もなく、若くして閑職に

置かれ学生時代に発症した対人恐怖症

から続く精神疾患の克服に悩み父と兄の

除霊活動からは基本的に逃げまくっていた

ようです。


ただし、富山が善川と行っている活動の

影響で一時精神を病み(霊障を受け)、

それによって活動からやや引いた時期に


大川に制御できない奇行が表面化


し、善川はその研究に入り、それを本格的

スピリチュアリズム的現象と考え大川にも

そのことを自覚させ、富山と2人が審神者

(サニワ)となって、記録を取り始めます。


ただし、富山は、当時すでに畜産会を退職

した善川に代わって一家の生計維持をする

必要にも迫られておりまた、サニワした感触

と自身の霊障体験からか、善川ほど入れ込

むことなく、学習塾に専念しようとした様子です。


霊言記録は、善川がさまざまな研究家に

検証依頼として送るも、専門家には相手

されずしかし、霊好きの潮文社の社長

に拾われ、ようやく出版の運びとなり


さらに読者の手紙から縁をもった原女史の
御輿に乗って、主に善川の念願であった

小規模ながら団体の体裁を備えるに至り


続いて大川は、会員の中から恭子と結納

などしていた矢先に、富山が若年性高血

圧症による脳溢血に倒れて富山の支援が

得られなくなった状態で、善川と大川は本

格的団体運営に乗り出していくことになり

ます。


流れとしては、ざっとこんな考えです。


初期から完全創作、ペテンかと言いきって

しまえるかと言うと、必ずしもそうとは言え

ず少なくとも善川のレベルまでは、


気持ちとしては本物と勘違いしていた


と思えます。


テープは確かに存在し、数人の研究家に

送られています。


実はある方から当時の状況を収集しました。

色々あって現段階ではまだ全て言えません

が、話にならないレベルだったと。


ただ騙そうとするにはお粗末すぎ、高級な

ものと(病的に)思い込んでしまっている

状態と考えたと。


大川自身は学生と社会人時代は、教祖に

なってからとでは想像がつかないほど、両

親に対する愛着が強くどこにいても手紙や

電話を欠かすことがなかったようです。


東京とアメリカに敗れ、精神を病んで郷里

戻り、奇行が発症していた時思いがけず善

川がそれを有難がったことから、当初はそれ

に応えようとした面があったのではと思います。


その内面には、優秀な兄への羨望や劣等感、

両親への愛着の裏返しの攻撃性などが複雑

に絡んでおり霊言という、絶対的な立ち位置

陶酔していくうちに、虚実の境界にも無自覚

になっていったのではないかということです。


あと、初期の霊言集について、その格調と

言うほどのものかどうかは別としてですが

出版前に目を通していた人物として、善川

の姉の中川静子女史がいます。


直木賞候補に2度選ばれるレベルで、

慢性呼吸器疾患を患いながら、郷土で

活動を続けていた作家です。


善川は月刊誌や本のゲラを、名誉職に

なって連載などがなくなるまでは必ず

徳島の新町川河口に近い病院で長期

療養をする姉の元へ茶封筒に入れて

持ち込んでいたので、初期も当然そう

していたでしょう。


ゴーストライターというものではありませんが
大川単体による質と比べると、違いを醸し出し
ていた要素にはなっていた部分と思います。

--------------------------------------

タカシの父、善川さんのお姉さんについて。

直木賞候補って、相当の腕前ですぞ!!

そんな文才ある人がゴーストライターにいたら、

そりゃあ初期の作品は素晴らしいはずだわさ・・・。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

1. 大川に制御できない奇行が表面化

制御できない奇行(笑)
いまも制御できないねwww

なるほど、昔の書籍は
直木賞候補の作家が目を通してたのね。
どおりで違うわけだwww

そういえば、日蓮の霊言講義で
大川が、私は父(の霊調査)から逃げまわっていたと言ってましたよね。
あと、兄の富山が病気が治ったら復活してまた救世活動を手伝うでしょうとも。
タカシは仏陀なんだから治してやればよかったんだよ、実の兄なんだからさ。

2. さとる

西枇杷島警察署に自首しました。

帰りに事故を4回も事故。

死にました。(^-^)/

3. Re:大川に制御できない奇行が表面化

>どんきー王子さん

確かに、今も奇行が止まらないよね(笑)
もう誰も止められず、暴走中!!

それに、そうだよね。お兄ちゃんの
病気、タカシが治してあげれば
良かったのにね。自称仏陀は肉親に
すら冷たいよね(苦笑)

4. Re:さとる

>さとるさん
お気をつけて~

5. まったく同意!

>優秀な兄への羨望や劣等感、両親への愛着の裏返しの攻撃性・・・

これなんですわ!
わてがオーカワゆう男に感じる異常性は!

6. なるほど~

これでますます「初期はマトモだった」説が崩壊しますね。

わたしも一時期は「初期はマトモだったんじゃないか」と思いましたが、「タカシバーチ」を知ってから「最初からインチキ」を確信しました。

>霊言という、絶対的な立ち位置に陶酔していく

今でも霊言にしがみついてるのは、これが原点なんですかね~「霊言しかないのであ~る」(笑)

タカシのと~ちゃん、に~ちゃん、おばちゃんの4人で始めたインチキ宗教ビジネスなんですね!

基地外信者時代はタカシのとーちゃんを「善川先生」「顧問先生」とか呼んで、有難がっていたなぁ(恥)

善川氏の講演を聞いても入れ歯がフガフガしてて、聞き取りにくかった。
心の中で「何言ってるかよく分かんないよ」と思ったけど言えなかったです(笑)

あぁ黒歴史!

7. Re:まったく同意!

>2ちゃんねるの使者さん

そうなんですよね!大川さんは自分で「法」を
説いておきながら、とうとう実践できず
じまいでしたね(苦笑))

8. Re:なるほど~

>あんじぇろさん

私も退会直後は「初期は正しかったのかな」と思っていたのですが、
アルゴラブさんの告発を見て、「最初からインチキ」だと、確信しました。

霊言も、単なるタカシの妄想。本来なら、父親の善川さんが
タカシを病院へ連れて行かなければならない所を、霊媒が出来ると
勘違いして、ありがたがってしまった・・・。これが悲劇の始まり
だったんですよね。

私も信者時代はタカシのとーちゃんを「救世主を育てた父親!」と
ありがたがっていましたよ~(笑)
でも、善川さんの事は著書しか読んだことがなく、講演会の
テープとかも聞いたことがなかったのでよく知らなかったのですが、
聞き取りづらかったのですね(笑)そういや、タカシも聞き取りにくいですね。
遺伝かしら(笑)本当に信者時代は、黒歴史ですよね~^^;
フリーエリア
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学 批判・告発へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村

【植福の自動引き落し停止方法】
(1)か(2)、どちらでも可
(1)メール(見本)
[宛先] service@kofuku-no-kagaku.or.jp
[文面] 『植福の会』を退会します。 今後は引き落しをしないで下さい どうぞ宜しくお願いします。 氏名 ○○○○ 住所 ○○○○○ 会員番号 ○○○○○

(2)銀行窓口
・通帳ごと解約する
※残高をゼロにしただけでは 何らかの入金があった時に 引かれてしまうので注意!

【幸福の科学 脱会方法】
http://trident02.voila.net/
kofuku_no_kagaku_resign.htm
リンク
最新コメント
カテゴリ
最新記事
プロフィール

みろ

Author:みろ
「幸福の科学」の元信者です。教祖の大川には霊能力などなく、仏陀でも救世主でもないただの「統合失調症の患者」だと
いう事実を、根拠をまじえて伝えていきます。

月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。